お中元 喪中期間中の場合の贈りかたは?

 

多くの方に質問を頂きますので
あらためて書いています。

 

 

 

相手が喪中のときは年賀状を控える、
というのは一般的な常識として
ご存じの方が多いと思います。

では、お中元は?お歳暮は?となると、
なかなか迷ってしまいますね。

喪中ということは相手の気分が沈んでいる
場合も、もちろん考えられます。
相手の心情を十分に配慮しつつ、お中元の
対応をしたいですね。

今回はそもそも喪中とは、という部分にも
触れつつ、喪中のお中元のマナーについて
ご紹介します。

 


そもそも喪中ってなに?という方も
いらっしゃるので喪中について少し書いてみました。

喪中は、身近な人(特に二親等以内)が
亡くなったときに、それを悲しむ遺族が、
喪に服している期間のことをいいます。

喪に服する期間は、故人の冥福を祈り、遺族は
行動を慎んで、祝いごとに参加することも自粛します。

喪中の由来は、昔人間の「死」は穢れているものとして
扱われていて、死者がでた家については他者に迷惑が
かからないように家の外にはでてはいけないといわれて
きたものが現在に引き継がれて、喪中には祝い事を避ける、
というような習慣に変わってきたと言われています。

 

あまり知られていないのですが、喪中の期間は続柄に
よって日数が変わります。
それは明治7年に出された太政官布告(明治時代初期の法令の形式)
にて細かく定義されていました。

明治7年に出された太政官布告では、忌(忌中)と服(喪中)の期間を
こと細かく定めています。
忌と服は、謹慎度の深さによって分けられますが、おおまかには、
忌は自宅に謹慎する期間、服は喪服を着用する期間と考えていいでしょう。
現在ではもちろん、こうした法令はすべて撤廃
(昭和22年に廃止)されて
いますが、仏事の慣例としては、今もこの太政官布告が一つの目安に
されていて、たとえば父母の死亡に際しては七七忌(四十九日)までが
忌中、一周忌
(一年間)までが喪中とされることが多いようです。)

 

 

今ではこのような法令は廃止されていますが、
現在でもこの法令で決められていた日数をほぼ

引き継いでいるようです。

新年の願いごとを祝う年賀状とは違って、
お中元」は祝い事ではなく、季節の挨拶、
感謝を表す行事だから喪中だからと言って
贈ってはいけないということはないのです。