結婚式について

神前式結婚式の場合は?

 

 

現在最も多く行われている結婚式は

神前結婚式のようですが、この歴史は

浅く、明治三十三年に大正天皇の

ご成婚の儀をきっかけに、神社での挙

式が考案されました。

来、神前結婚式が増え、第二次大戦

後は、ほとんどがこの形式になりました。

 

 

 

神前結婚式は、神の前で三三九度の

杯を取り交わし、結婚の誓いをするも

ので、本来は神社で行われるものです。

最近はホテルや結婚式場など、披露宴

を扱う会場に神前結婚式の設備があり

そこに神主が来て挙式する人がほとんど

です。

 

 

 

 

神前式の参列者は親族まで

挙式の進め方は神社や式場によって

多少異なりますが、係員から説明が

ありますから、指示に従っていれば

大丈夫です。

 

 

 

指輪交換をする場合は前もって申し出

て、係の人に渡すか媒酌人に預けます。

 

 

神前式の参列者は親族が一般的で、

人数は両家で三十~四十人くらいです。

定員以上の人が参列する場合は立って

もらうことになります。

 

 

 

神前に上がるときは、全員が身を清める

ために手を洗い、口をすすぐ「手水の儀」

を行うのが本来のしきたりです。最近は

ほとんどの式場で省略されていますが

神社での挙式の場合は行います。

 

 

 

写真やビデオ撮影は事前に確認する。

 

挙式の最中に子供が泣いたりしたと

きは、連れて退場するのがマナーです

写真やビデオ撮影などは、禁止してい

る式場もあるので事前に確認しておき

ましょう。

 

 

 

神前結婚式は、神道しきたりにのっとっ

て行われます。

一般的な式次第は次の通です。

 

①入場

  係員の誘導に従って新郎新婦を

  先頭に入場します。

②斎主以下斎員着席

  司式の斎主と斎員が入場します。

③修祓

  開式が告げられ、斎主が修祓をして

  一同を清めます。

④斎主一拝

⑤献饌

  食物、酒、水、稲などを神に

  供える儀式です。

⑥祝詞奏上

  斎主が神に二人の結婚を報告し

  祝詞を読み上げます。

⑦三献の儀

  三三九度の杯のことで夫婦の

  契りを結ぶ杯事です。

⑧誓詞奏上

  新郎新婦が神前に進み出て

  結婚の誓いを述べます。

⑨結婚指輪交換

⑩玉串奉奠

⑪親族杯の儀

⑫退場

 

 

以上が神前結婚式の次第になります。