結婚式のお引出物について

今日は結婚式のお話です。

 

最近は結納ということは

あまり聞かなくなりましたね。

 

 

そもそも、結納ってなんでしょうか?

 

結納は、日本特有の習慣として

行われている婚約の方法です。

現在でも、結納による婚約が

もっとも一般的で、数多いかも

しれませんが、最近は私もあ

まり結納したというお話は聞き

ません。

(私の息子の時も特別、結納を

交換したりしませんでした。)

 

 

 

地域や家によって結納に対する

考え方や意味、その方法にはか

なりの違いがあるようです。また、

時代の移り変わり伴ってさまざま

な形に変わってきていきます。

 

 

ですから、結納をもって婚約にし

ようというときには、その方法など

について双方でよく打ち合わせを

する必要があるでしょう。

 

 

 

こういった打ち合わせに関しては、

本人同士を通して行うのが最も良

い方法です。結婚が二人の問題と

いうこともありますが、地域や家の

しきたりなどについて、双方の意見

をお互いに本音で話し合えるから

です。

 

 

 

多くの場合、新しく婚姻関係を結ぶ

にあたって、共に飲食するための

酒肴や祝儀用品、現金を白木台に

載せて贈り合います。もしくは男性

から女性に贈るという形式をとるこ

ともあります。いずれにしろ、現在

では、現金を伴うことが結納の特徴

と言えるでしょう。

 

 

 

結納品も地域性や家のしきたりなど

が強く影響するものです。贈られる

女性側としては結納品を長く飾って

おいて人に見せるしきたりもあります

ので、こういったこともよく知ったうえで、

結納品を選ぶようにしたいものです。

 

 

 

最近増えているのが記念品の交換

による婚約です。これは、婚約という

無形のものを有形にするために、品

物を交換し、誓いの証しとする方法。

 

 

 

自分の気持ちを品物に託してお互い

に贈り合い、それを受け取ることで

結婚を承諾する意思を表します。

 

 

品物に思いを託すということを強調

したのが記念品交換です。

欧米の習慣が日本にも馴染み、

今ではエンゲージリングを贈る例が

圧倒的多数です。

 

 

 

指輪以外では、男性から女性へは

ネックレスなどのアクセサリーや衣服

など、女性から男性へは時計やアク

セサリー類、スーツなどを贈るのが

一般的です。

 

 

品物にこだわる必要はありませんが、

気持ちを託すにふさわしいものを選ぶ

ようにしましょう。