結婚式のお引出物について

昨日のづづきです。

 

 

今日は引出物のNG

 これだけは贈らないもの

 

 

 

はさみ・包丁

 

 刃物などの「切れる」ものは「縁が

 切れる」といわれ、縁起が悪いと

 されています。

 

割り切れる数字(偶数)

 

 割り切れる=「割れる」=「破断」

 とされ、縁起が悪いようです。

 

グラス・陶器

 

 「割れる」=「破断」からタブー

 

 

※これらは昔からの言い伝えという

 だけあって、現在では包丁やはさみ

 も「キッチン用品の一部」ということで

 選ばれています。いまではグラスも

 陶器も引出物の中ではとても人気が

 あるギフトとなっています。

 

 

 

私には、ほかの地方のことはよく分かり

ませんが、日本全国、地方によっては

いろいろ違います。

 

 

地方によって違う、引出物

 

 

 

引出物には記念品のほかに菓子類、

鯛や赤飯などの折り詰め、鰹節などの

乾物類と、いろいろなものがあり、地方

によっても組み合わせが異なります。

 

 

 

ここでは、特に特徴的な地方の引出物を

紹介します。

 

 

紅白の餅やまんじゅうはお祝いにつきもの

 

 

多くの地方で、菓子のほかに紅白の餅や

まんじゅうをつける習慣があります。

 

 

石川県・・・鶴亀と紅白のまんじゅう

滋賀県の長浜市周辺・・・

  「おちつきぼた餅」という紅白の餅

鳥取県・・・紅白の餅

兵庫県淡路島・・・「お嫁入りまんじゅう」

  という紅白のまんじゅう

岩手県、三重県など・・・鶴亀や梅をかた

  どった和菓子

佐賀市周辺・・・「まるぼーろ」「千代結

  び」という菓子

香川県の西讃地方から愛媛県の

  東伊予地方のかけての地域・・・「お

いり」という菓子。これは、色とりどりの

米菓子のほかにあられやせんべいなどが

袋に入ったもの。

 

 

新潟県では「松の葉」をつける

 

新潟市周辺・・・記念品、菓子、果物など

のかご盛り、赤飯、松の葉の五品が一般的

松の葉というのは、名刺がわりに贈る品で

タオルや風呂敷など千円程度の品を新郎

新婦の名で出します。

新潟県では、一人に一つという渡し方が一

般的で、夫婦で来られた場合は同じ品がい

かないように、記念品やかご盛りは数種類

用意しておきます。

 

 

富山県はあすのお楽しみに