結婚式のお引出物のこと

 

前回まで、出産内祝いってなぁ~に

 

として、いろいろと書いてきましたが、

 

出産があるということは、

 

その前に結婚があることが前提です

 

ので(今は少し違う形もありますが)

 

 

 

今回から、結婚式のお引き出物に

ついて少し書いていきたいと思います。

 

 

 

「結婚式お引き出物」

 

 

 

『引出物』

 

 

 

なぜ、こう呼ぶようになったのか?

 

 

 

結婚披露宴に招いたお客さんに

対して、帰りに引出物を渡すのが

通例です。

 

 

このように、披露宴に招待した

お客さんに対して、主催者から

物品を贈るという習慣は古くから

ありました。

 

 

 

すでに平安時代の貴族の間では

馬を引き出して贈ったということが

文献に残っていて、

これが「引出物」の語源とされて

います。

 

 

 

当時、贈るものは馬だけではなく、

鷹や犬、あるいは衣服などの場合

もあったといいます。

 

 

 

鎌倉時代になり、武士社会がやって

くると、刀剣や弓矢などの武具も加わ

り、さらに砂金・銭、鶴・鯉、お茶・昆布

など、広範囲な品々が贈られるように

なりました。

 

 

 

江戸時代になると、宴席の膳に添えて

出す鰹節や焼いた鯛、あるいは鯛を

形どった落雁(干菓子の一種)などを

「引出物」と呼ぶようになりました。

 

 

 

鰹節は、奈良・平安時代には「堅魚」と

呼ばれ、税として納められていたほ

珍重されていたもので、日持ちが良い

こともあって、引出物として扱われる

ようになりました。

 

 

 

また、鯛もその姿・形の見事さや、

七福神の恵比寿様に抱かれた

魚であったことから、縁起のよい

引出物とされました。

 

 

 

こうした引出物は土産として持ち

帰り、宴に参加できなかった家族

たちにも慶事を分かち合っもらうと

いう配慮もあったようです。

 

 

 

現在では、引出物は披露宴の

ゲストの方々に贈るメインの

ギフトです。

 

 

結婚式の思い出をカタチで残す

ギフトです。

 

 

 

最近の結婚式ではほとんどの

カップルが贈り分けをしている

ようです。(贈り分けとはゲスト

一人一人のことを思いそれぞれ

に合った品物を選ぶことです。)

 

 

 

感謝の気持ちを表すギフトです

から、もちろん相手が喜んでくれ

るよう、相手の立場に立って

ギフト選びをすると良いでしょう。

 

 

たとえば、お年寄りや遠方から

列席する方たちの事を考えて

かさばらないカタログギフトや

軽いギフトにするなど配慮が

出来ると素敵ですね。

 

 

 

実用性に富んでいるものや、

いくつあっても困らないもの、

自分ではなかなか買わない

けれど、あると便利なものなどが

ポイントです。

 

 

 

また、結婚は家同士の問題でも

あるので、ご親族・ご親戚への

引出物に関してはご両親に、

て決めましょう。