出産内祝いってなぁに?

内祝とは、我が家(=内)の喜びを(=祝い)をみんなで

分かち合うために祝品をおくります。

本来「内祝い」は、おめでたいことがあった家庭が、報告とあいさつを兼ねて

自発的に宴席を設けたり、贈り物をしたりしていました。

おめでたいことがあったら、その喜びの気持ちを皆さまにもお分けし、一緒に

喜びを祝ってもらおうというのが本来の意味です。

 

一方、現在の「内祝い」は、お祝いをいただいた方に、そのお返しとして品物を

贈るのが一般的になっています。

 

出産内祝いは、出産を祝って、お祝いをいただいた方に、感謝の気持ちを込めて

昔は赤飯や紅白の餅などを配るのが慣例でした。赤ちゃんが、無事に生まれ、

健やかに育っている事を報告し、名前のお披露目をして赤ちゃんが社会の一員に

なる第一歩としたのです。

 

現在では、赤飯や紅白のお餅にこだわらず、出産祝いのお返しとして内祝いが

贈られています。お菓子やコーヒーなど日持ちする食品やタオル、洗剤などの

実用的なものが一般的です。身内の方であれば、赤ちゃんの名入りギフトも

とても喜ばれるでしょう。

 

品物選びに迷う場合は、相手の好みの品物を自由に選んでいただけるカタログギフトも

おすすめです。お世話になっている日頃のお礼もかねて気持ちのこもった品物を選ぶと

よいでしょう。

 

出産内祝いを贈る時期としては、出産後1ヶ月前後、お宮参りのころを目安にする

のが一般的なようです。出産後は赤ちゃんのお世話で忙しいうえに、母体の体調も

まだ回復していません。ですので、内祝いの手配が遅くならないよう、出産後に段取

りを考えるよりも、出産前の体調のよい時期に贈り先やスケジュールの目途をつけて

おくのがおすすめです。

 

内祝いの相場はいただいた金額や品物の「2分の1」程度が一般的です。

 

のし紙の表書きは出産は何度あってもうれしいお祝い事なので、のし紙の水引は

くりかえして結べる「蝶結び」のものを用います。

命名披露も兼ねて、上には内祝、下に赤ちゃんの名前を書きます。

読みやすい名前でも読みにくい名前でもふりがなをつけておきましょう。

 

内祝いの慣習は、地域によって異なる場合もありますので、迷ったときはご両親や

身近な方など地域慣習に詳しい方に相談するとよいでしょう。

 

職場や友人などから連名でお祝いをいただいた場合、お返しに贈る内祝いは

個別に贈るか、まとめて贈るか悩みがちですがケースバイケースで対応しましょう。

 

内祝いを個別で贈るか、まとめて贈るか、特に決まったルールはありません。

大人数でいただいた場合はまとめて贈るといいでしょう。

一方、ひとりひとりに感謝の気持ちを込めて贈りたい場合もあると思います。

いただいた出産祝いの半額程度の予算として、大勢のグループからいただいた

場合はお菓子など、みんなで分けられるようなものを選ぶと良いですし、個別に

贈りたい場合は、全体の予算を人数で割った額の品物を選ぶといいでしょう。

ハンカチやタオル、スイーツなど、小さくても見た目にかわいいものを選びたいですね。

また、親しい間柄の友人が3~4人で贈ってくれた場合などは、赤ちゃんのお披露目も

兼ねてホームパーティーを開いて、帰り際におみやげとしてちょっしたお返しの品物を

渡すのもいい方法です。

 

          今回はこのへんで、また次回もみてください。