お歳暮、贈る時期と贈り方

 

お歳暮は日頃お世話になっている

方へ感謝の気持ちを込めて、また

ご無沙汰している方へあいさつも

兼て交流を深める目的の贈りものが

お歳暮の習慣です。 

 

礼儀的なお歳暮もありますが、最近

は若い世代を中心に、欧米のように

個人的なギフトとして定着してきてい

ます。

  

お歳暮がほかのギフトと違うところは、

贈る時期が決まっていること。

お歳暮は12月に入ってから25日ごろ

まで届くようにしたいものです。

 

 大切なのは相手への思いやりですから

贈る相手の習慣に合わせて、臨機応変

に対応するのが好ましいでしょう。

  

のし紙は紅白の蝶結びで、表書きは

「御歳暮」とします。

  

特にお世話になった方には都合を聞い

たうえで持参し、日頃のお礼を伝えた

いものです。

 

 最近ではギフト店やデパートなどから

配送してもらうのが主流となっています。

 

 お歳暮を贈る先は日頃お世話になって

いる方々、例えば実家の親、親戚、仲人

恩師、主治医、先輩、お得意先、大家さん

などが考えられます。

  

職場の上司などに贈る場合は、贈りもの

のやり取りを廃止しているところや習慣と

してやらないところもありますので、職場

の習慣に従うべきでしょう。また、職場内

の贈答は、そこでの常識に合わせるよう

に努めます。

 

 しかし、これまでお付き合いしていただ

いた方々すべてに贈るとなると、年々

その数は増していき、経済的な負担ば

かりが増えてしまいます。逆に、お世話

になっているのに日頃はご無沙汰して

いる人や礼を尽くさなければならない人

に、年1~2回のごあいさつですむのなら

かえって合理的な習慣かもしれません。

 

 誰に贈るか決まりはありませんから、

前年の例にならう前に、もう一度贈る

相手との関係を見直して、自分らしい

おつき合いの方法を考えてみるいい

機会かもしれませんね。

 

 

 

お歳暮、贈る時期と贈り方

 

お歳暮は日頃お世話になっている

方へ感謝の気持ちを込めて、また

ご無沙汰している方へあいさつも

兼て交流を深める目的の贈りものが

お歳暮の習慣です。 

 

礼儀的なお歳暮もありますが、最近

は若い世代を中心に、欧米のように

個人的なギフトとして定着してきてい

ます。

  

お歳暮がほかのギフトと違うところは、

贈る時期が決まっていること。

お歳暮は12月に入ってから25日ごろ

まで届くようにしたいものです。

 

 大切なのは相手への思いやりですから

贈る相手の習慣に合わせて、臨機応変

に対応するのが好ましいでしょう。

  

のし紙は紅白の蝶結びで、表書きは

「御歳暮」とします。

  

特にお世話になった方には都合を聞い

たうえで持参し、日頃のお礼を伝えた

いものです。

 

 最近ではギフト店やデパートなどから

配送してもらうのが主流となっています。

 

 お歳暮を贈る先は日頃お世話になって

いる方々、例えば実家の親、親戚、仲人

恩師、主治医、先輩、お得意先、大家さん

などが考えられます。

  

職場の上司などに贈る場合は、贈りもの

のやり取りを廃止しているところや習慣と

してやらないところもありますので、職場

の習慣に従うべきでしょう。また、職場内

の贈答は、そこでの常識に合わせるよう

に努めます。

 

 しかし、これまでお付き合いしていただ

いた方々すべてに贈るとなると、年々

その数は増していき、経済的な負担ば

かりが増えてしまいます。逆に、お世話

になっているのに日頃はご無沙汰して

いる人や礼を尽くさなければならない人

に、年1~2回のごあいさつですむのなら

かえって合理的な習慣かもしれません。

 

 誰に贈るか決まりはありませんから、

前年の例にならう前に、もう一度贈る

相手との関係を見直して、自分らしい

おつき合いの方法を考えてみるいい

機会かもしれませんね。

 

 

 

2018年、今年のお中元人気ランキング「楽天市場」編

 

今年のお中元はどうしようと
そろそろ考え始めるころでしょうか?
そんな方に参考になればと思い調べてみました。

2018
年お中元人気ランキング
「楽天市場編」です。

ハム」
毎年必ず人気上位に入っているハムです。
ハムが選ばれる理由は、
ボリューム感や
高級感がある割に、 お値打ち、いろいろな
味がセットになって楽しめる商品が多い、
使い勝手が簡単で美味しい、こどもも喜んで

食べてくれる、 酒のあてにも、お弁当の
おかずにもなるという感じで、 もらって
嬉しい商品です。

予算は3000円位からあり毎年リピートして
いる方が多いです。

ビール」
お中元の定番商品と言えばビールですね。

毎晩、晩酌をするようなお酒好きなら、
喜ばれること間違いなしです。

お気に入りの銘柄が決まっているなら、
それだけが入っているセットを、
そうでなければ、複数種類のビールセットや、
子供がいるご家庭ならジュースセットも人気です。

 

ビールが魅力なのは、こんな点。
●よく飲むのでもらうと嬉しい
●重いものは普段買うのも大変なのでもらうと喜ばれる
●お酒が好きだから
●普段買わないビールの飲み比べができるので楽しい
●ボリューム感があるし日持ちもする
 

 

という感じで、お酒好きにはたまりませんよね。
予算は、3,0005,000円くらいが定番です。
最近では各地の地ビールも人気があります。


ゼリー」

 

毎年、お中元人気ランキングに
入ってくるのがゼリーです。

 

そのほか、アイスやジェラートなども
人気ですが、 取り扱いのしやすさ等から
ゼリーの方が若干人気があるようです。
暑い夏にむけて、喜ばれる商品ですよね。

 

ゼリーが魅力なのは、こんな点。
●値段がお手頃
●夏なので冷やして食べるとおいしい
●大人にも子供にも喜ばれる
●日持ちがする
 

 

お値段も3,000円ですから、
お手頃なのも嬉しいです。

「そうめん」
お中元にはそうめんは定番ですね。
夏の暑さで食欲が出ないときでも、
つるつるのノド越しの良いそうめんや
冷たい麺類を食べると元気が出てきます。
お中元にそうめんが届くと、夏が来た!
と感じられることもあり、季節感の
あるもらって嬉しいギフトであることは、
間違いありません。


お中元に、
旬の果物やトロピカルフルーツを贈る
方も多いようです。

さくらんぼ、ぶどう、桃、メロン、
スイカ、マンゴーなど・・・、
夏に旬を迎えるフルーツは、
大人から子供まで大好きなもの
ばかりです。
 子供さんのいるご家庭はもちろん、
ご夫婦だけのご家庭、年配の方にも
旬の果物は喜ばれますので、
今年のお中元はぜひ果物を贈って
みてください。
 甘くて美味しい、ちょっと贅沢な
旬のフルーツが届いたら、
お世話になったあの方も、
きっと喜んでくれるのではないでしょうか。 

 

お中元に名入りギフトはいかがですか?

お中元、変り種ギフト 
最後は、
お名入れギフトです。


自分の名前が入っているだけで
ちょっと特別感があります。

お酒のボトルやグラスなど様々なもの
名入れしたギフトが有ります。

いただいた方も、珍しいので
重宝されるのではないでしょうか?

ちょっと変わったお中元についてでしたが
いかがだったでしょうか?


マンネリ化しつつある、お中元ですが、
今年は人とは違ったお中元を
贈ってみてはどうでしょうか?

お中元に高級チョコレートはどうでしょう?

お中元は夏の贈り物なので
あまりイメージできないと
思いますが、意外に喜ばれる
チョコレート。

冷蔵庫で冷やして食べると
パリッとして夏でもいい美味しいです。

意外と喜ばれます。
チョコレートは、子供のおやつ
大人の方には冷えたビールの
おつまみにも合うと思います。

ただ、暑さで溶けちゃうかもしれないので、
その辺の注意が必要です。


お中元だからこそ「地ビール」はどうでしょう?

最近は全国各地にあります地ビール

地ビールは独特の味わいがあります。

そのため、地ビールを買うのに
二の足を踏んでいる方も多いのでは
ないでしょうか?

そんな時に、お中元という形で地ビールが
いただけるとなると、これまで飲んだことの
ないビール、ビール好きな方は、それとなく
嬉しいのではないでしょうか?

自分の地元に独自の地ビールがあるのなら、
尚いいのではないでしょうか?

日本各地で細々とやっているという印象も
有りますが、いろいろな特徴もあり、
なかなか侮れないものがあると 思います。

地元の特産の一つとして贈ってみては
いかがでしょうか。

お中元に高級うめぼしも最適です

 

最近はあまり食べなくなりましたが
子供のころは、毎日のように食卓にあったうめぼし、
うめぼしは日本ならではの食品ですね。

「南行梅の梅干し」の画像検索結果
昔はそれぞれのご家庭で作っていましたが、
手間と時間がかかるため現在では手作りする
ところはすっかり減少してしまいました。


とはいえ現代においてもうめぼしは食卓に
欠かせないものです。

うめぼしがもたらす健康効果も広く知られる
ようになり、 一日一個の梅干を日々欠かさずに
食べるようにしている方も多いようですね。


そんな、うめぼしだからこそ、お中元に贈れば、
喜ばれると思いますよ。


特にうめぼしの中でも最高級とされる
紀州産南高梅を使用したものなら、
その味わいもひとしおです。


薄い皮をお箸でやぶると梅の果肉がとろけ
出て、 なんともいえない贅沢な印象です。


柔らかな果肉だからこそ、ご飯につけても
焼酎にいれても、 食べやすく飲みやすい
ところがまた贅沢です。

最近ではうめぼしもバリエーションが
豊富になってきました。

いわゆる昔ながらの酸味と塩味のきいたものや、
塩分を控えたもの、カツオと漬けたもの、
またお茶受けとしてやお子さんにも喜ばれる
蜂蜜梅などがあります。


いずれにしても高級うめぼしの代表格である
紀州産南高梅を使用したものなら、その味わいは
格別です。


たっぷりとした果肉はまさに一流品の品格を
みせてくれます。うめぼしは、お世話に
なっている方のこれからの健康を祈る心を
伝えてくれます。


お中元、高級うめぼしほどふさわしい品は
ないのではないでしょうか。
ちょっと言い過ぎですかね?

 

でも、もらったら嬉しい
お中元の一つかも知れませんね。