お歳暮、贈る時期と贈り方

 

お歳暮は日頃お世話になっている

方へ感謝の気持ちを込めて、また

ご無沙汰している方へあいさつも

兼て交流を深める目的の贈りものが

お歳暮の習慣です。 

 

礼儀的なお歳暮もありますが、最近

は若い世代を中心に、欧米のように

個人的なギフトとして定着してきてい

ます。

  

お歳暮がほかのギフトと違うところは、

贈る時期が決まっていること。

お歳暮は12月に入ってから25日ごろ

まで届くようにしたいものです。

 

 大切なのは相手への思いやりですから

贈る相手の習慣に合わせて、臨機応変

に対応するのが好ましいでしょう。

  

のし紙は紅白の蝶結びで、表書きは

「御歳暮」とします。

  

特にお世話になった方には都合を聞い

たうえで持参し、日頃のお礼を伝えた

いものです。

 

 最近ではギフト店やデパートなどから

配送してもらうのが主流となっています。

 

 お歳暮を贈る先は日頃お世話になって

いる方々、例えば実家の親、親戚、仲人

恩師、主治医、先輩、お得意先、大家さん

などが考えられます。

  

職場の上司などに贈る場合は、贈りもの

のやり取りを廃止しているところや習慣と

してやらないところもありますので、職場

の習慣に従うべきでしょう。また、職場内

の贈答は、そこでの常識に合わせるよう

に努めます。

 

 しかし、これまでお付き合いしていただ

いた方々すべてに贈るとなると、年々

その数は増していき、経済的な負担ば

かりが増えてしまいます。逆に、お世話

になっているのに日頃はご無沙汰して

いる人や礼を尽くさなければならない人

に、年1~2回のごあいさつですむのなら

かえって合理的な習慣かもしれません。

 

 誰に贈るか決まりはありませんから、

前年の例にならう前に、もう一度贈る

相手との関係を見直して、自分らしい

おつき合いの方法を考えてみるいい

機会かもしれませんね。

 

 

 

お歳暮、贈る時期と贈り方

 

お歳暮は日頃お世話になっている

方へ感謝の気持ちを込めて、また

ご無沙汰している方へあいさつも

兼て交流を深める目的の贈りものが

お歳暮の習慣です。 

 

礼儀的なお歳暮もありますが、最近

は若い世代を中心に、欧米のように

個人的なギフトとして定着してきてい

ます。

  

お歳暮がほかのギフトと違うところは、

贈る時期が決まっていること。

お歳暮は12月に入ってから25日ごろ

まで届くようにしたいものです。

 

 大切なのは相手への思いやりですから

贈る相手の習慣に合わせて、臨機応変

に対応するのが好ましいでしょう。

  

のし紙は紅白の蝶結びで、表書きは

「御歳暮」とします。

  

特にお世話になった方には都合を聞い

たうえで持参し、日頃のお礼を伝えた

いものです。

 

 最近ではギフト店やデパートなどから

配送してもらうのが主流となっています。

 

 お歳暮を贈る先は日頃お世話になって

いる方々、例えば実家の親、親戚、仲人

恩師、主治医、先輩、お得意先、大家さん

などが考えられます。

  

職場の上司などに贈る場合は、贈りもの

のやり取りを廃止しているところや習慣と

してやらないところもありますので、職場

の習慣に従うべきでしょう。また、職場内

の贈答は、そこでの常識に合わせるよう

に努めます。

 

 しかし、これまでお付き合いしていただ

いた方々すべてに贈るとなると、年々

その数は増していき、経済的な負担ば

かりが増えてしまいます。逆に、お世話

になっているのに日頃はご無沙汰して

いる人や礼を尽くさなければならない人

に、年1~2回のごあいさつですむのなら

かえって合理的な習慣かもしれません。

 

 誰に贈るか決まりはありませんから、

前年の例にならう前に、もう一度贈る

相手との関係を見直して、自分らしい

おつき合いの方法を考えてみるいい

機会かもしれませんね。

 

 

 

お中元とお歳暮、贈る品物の違いとは?

お中元とお歳暮では、
贈る時期が違うので、
贈る品物にも違いがあります。

 

具体的には、

暑い夏に贈る
お中元の定番は、
ビールやジュース、そうめん

 

ゼリー・水ようかんなどの
菓子類

などとなっています。


全体的に、食欲が落ちる暑い夏を、
少しでも快適に乗り越えて
もらえるよう
な、贈り物を選びます。
 

反対に、お歳暮の定番は、
ハム・ソーセージ、
新鮮なお肉、お魚類、
フルーツ、スイーツ、などです!


お歳暮で、
人気が高い贈り物は、
年末・年始に家族や親戚が
集まったときに、
みんなで楽しめるものが多いですね。


そして、お中元に比べると、
お歳暮の贈り物の方が、
若干、相場が高い傾向にあります。

 

お中元やお歳暮で
貰って困るもの。

 

コーヒーや紅茶は、
定番なので
つい贈ってしまいますが、
実は、
貰って困っている人が多いようです。

と言うのも、コーヒーや紅茶などは、
こだわりがある人が多く、
自分の好み以外はあまり飲みません!

 

 

 

お中元やお歳暮には、
普段、自分では
買わないもの
を期待します。


普段の生活で、
安く買える洗剤などは、

貰っても困りませんが、
あまり嬉しくない人が多いようです。

 

それから、毎年同じものを
贈る方も多いかと思いますが、
相手が喜んでくれている場合は、
全く問題ないのですが、
あまり続くと飽きてきます。


毎年、違うものを
贈る必要はありませんが
10年以上も、
お中元・お歳暮と
年に
2回も同じ物を贈るのは、
すこし考えた方が良いですね

 

 

大量の生ものも困りものです。

大家族に贈るのなら良いのですが、
夫婦と小さい子供だけの家庭なら、
食べきれず残してしまうので
処分するのに困ってしまいます。


ちなみに、大量の冷凍商品も同じで、
冷蔵庫・冷凍庫に保存できないので、
本当に困りますね。

 

困ってしまうお中元、お歳暮で
多いのは、アルコール類
飲めない家庭に、ビールやワインなどの、
アルコールを贈ってしまう事です。

これは、貰ってもどうしようもありません。


こうして見ると、何も贈れなくなって
しまいますが、ちょっとした工夫で、
相手に喜んでもらえる

お中元ギフトに、変わります。

 

 

先程の贈ってはいけない
お中元ギフトに、

ちょっとした工夫をすると、
途端に、貰ったら
嬉しいもの
に変わります。



普段、よく使うものを、
少し豪華にする!

しっかり、
リサーチして相手の好みを知る!

この2つのポイントを守れば、
相手が喜んでくれること間違いないですよ!


リサーチは普段の付き合いの中で、
ちょっとずつ、好みやこだわりを、
覚えるしかないですが、

少し豪華にする事は、簡単にできますね。
このように、少し気をつかうことで
貰ってうれしいものを
贈ることができます。


『お中元とお歳暮って、両方とも贈る必要あるの?』

 

お中元とお歳暮、
両方、贈る必要あるのって、
思った事ありませんか?


実は、これもよく聞かれる質問です。

 


そう言えば、何となく
お中元とお歳暮は
セットだと思って、
両方贈ってましたが、

よく考えると、
本当は片方だけでも、

マナー違反にならないのでは?


もしも、片方だけ良かったら、
それだけで、お金の節約になるし、
何を贈るかの悩みが、
半分になりますものね。

 

 

 



そこで、お中元とお歳暮の
違いについて
書いてみます

 

 

 

お中元とお歳暮の
最大の違い
からご紹介します!


その最大の違いとは・・・
なんと・・・単純ですが、
贈る
時期の違いだけです。
 

詳しく説明すると、

お中元・・・7月初旬から8月中旬

お歳暮・・・12月1日から20

 

(※地域によって、若干の時期の違いはあります。)
他のいくつかの違いにつながるのです。

 


その違いとは、
贈る意味合いの違い、
贈る品物の違い
他にも、

 

細かい違いはありますが、

 

お中元とは、
一年の折り返し地点である夏に行われます。


お中元は、

年頭から中元(旧暦の715)までの、
半年間お世話になったお礼に、贈ります。


また、『夏の暑さで体調を崩さないよう。』と、
季節の挨拶の意味合いもあります。

 


一方、お歳暮は、読んで字のごとく、
(とし)の暮れ(くれ)と書きます。

 


お中元の半年の感謝に対して、
お歳暮は、
一年間の感謝の気持ち
込めて品物を贈ります!


また、
『来年もよろしくお願いします。』
と言う意味合いも、含まれていますね

 

お中元とお歳暮を両方贈らなくても、
マナー違反にはなりません


もしも、片方だけ贈るのならば、
意味合いからも、お歳暮だけを、
贈るようにしましょう!


お歳暮には、
一年間の感謝を込めるという意味があるので、
お歳暮だけでも、失礼にはなりませんよ。

 


大切なのは、あくまでも気持ちなので、
負担になるようなら、
お歳暮だけにしてみては、
いかがでしょうか?

 

お中元、会社関係に贈るときの注意点!

 

お中元を

会社や取引先などへ贈る場合には、

それに応じた気遣いを

しておきたいところです。


直接付き合いのある方だけでなく、
得意先の皆様に喜んでいただける物を
贈るのがポイントなります。

 

 

現在は宅配便を利用することも多い

お中元ですが、宅配便がない時代は
風呂敷に包んで直接持参するものでした。


もちろん今でも、
直接お中元を持参して
お相手の近況を伺い、
暑い盛りの体調を
気遣うに越したことはありません。


そうすると、
思わぬビジネスチャンスに

つながることもあるかもしれませんから、
訪問する余裕があるなら、
ぜひ持参しましょう。


遠方の場合は
この限りではありません。


また、訪ねた先でお相手が忙しい様子なら、
玄関先でのごあいさつのみにしたり、
受付の方に託したりするなど、
わざわざ時間を取らせないようにするのも
気遣いのひとつです。


法人様に対しては、
開封しなくても贈り主が
わかる「外のし」が親切です。

 

品物に直接のしをかけ、
その上から包装紙で包む方法は内のしで、
品物を包装紙で包み、
その上からのしをかける方法は外のしです。

さまざまな、ところから
お中元をもらう法人様の場合、
開封しなくても贈り主がわかる
外のしが、お相手も扱いやすく親切です。
ただし配送する場合は、
途中でのしが汚れないよう
内のしにしておきましょう。

また、配送日は休業日に届かないようにします。

 

法人様宛のお中元は、
会社で受け取って開封しても困らないものを
選ぶのが大前提です。

配送したお中元が営業日外に届くと、
不在票で再配達を依頼しなければなりませんし、
食品の場合、
受け取りが遅れると賞味期限までの
日数も短くなってしまいます。
配送日を指定するなどひと工夫しましょう。


お届け先が食べやすいもの、

もてあまさないもの意識して贈ります。

 

冷凍庫のない会社へ
アイスなどを贈るのは論外です、
冷蔵庫のない会社へ
冷やす飲み物や冷菓を贈るのも、
結局各自が持ち帰るしかなくなることを
考えると 気の利いた贈り物とはいえませんね。

同様に、飲食するスペースなどがない会社へ
デスクで食べにくい食品を贈ったり、
外出する方の多い会社へ賞味期限の
短い食品を贈ったりすることも
できれば避けたいものですね。

 

 

 

お中元を受け取れない
相手もいることを忘れずに。

 

 

政治家や公務員、病院職員など、
立場上お中元を受け取れない方も
います。

また一般企業でも、
会社の方針として受け取らないように
決められていることがあります。

とはいえ「お中元は受け取れますか?」
とズバリ確認してしまうのは野暮ですから
「お中元をお届けしたいのですが、
ご不在の日はありますか?」と
予定を尋ねるようにするとスマートで

いいですね。

 

お中元・お歳暮は、相手のことを

一番に考えて贈りましょう。

 

 

 

お中元、もらってうれしかったもの、迷惑したものはなに?

 

もらってうれしかったお中元は?

あなたは、何をもらったら
うれしいですか?

 

お中元人気ランキングという
アンケートによると、

もらってうれしいものは、

 

1位に「洋菓子」、

2位に「カタログギフト」、

以下「酒類」(主にビール)と

「肉・肉加工品(ハム・ソーセージなど)」

「商品券・ギフトカードなどの金券」が

人気だそうです。

 

高い支持を得た、

「洋菓子」「カタログギフト」

「酒類」「肉・肉加工品」は、

もらってうれしい=贈って喜ばれる

お中元の王道だといって

よいのではないでしょうか。

 


スイーツ好き、お酒好きなど、
贈り先さまの
お好みがわかっている場合には
「洋菓子」や「酒類」、
「肉・肉加工品(ハム・ソーセージなど)」を、
お好みがわからない場合には
「カタログギフト」を
お贈りしてみてはいかがでしょう。

きっと喜んでいただけると思います。

 

 

 

逆に「もらってちょっと困った…」

「がっかりした…」という
お中元は、
半数以上が「がっかり…」と
答えたのが
「嗜好に合わない食べ物」でした。

次に賞味期限が短いもの、
保存や収納にスペースをとるもの、
食べ方がわからないもの、
すでにいっぱいあるもの。


グルメギフトを贈ることが
多いお中元ですが、
もらったグルメが口に
合わないものであれば、
がっかりするのと同時に、
いただいたものを
どうすればよいか処理にも
困ってしまいます。


特に年配の方への
お中元では、
贈り先さまの好みはもちろん、
体調にも配慮する必要がありそうです。


 

せっかく気持ちを込めて
贈るお中元ですので、
喜んでいただきたいものを
贈りたいですよね。

品物選びの参考に、
このランキングに
当てはまるものがないか、
照らし合わせてみてください。

 

お中元、地域によって異なる贈る時期のまとめ

 

これまで、お中元の贈る時期などに
ついて書いてきましたが、ここで一旦まとめてみました。

 

最近は、
全国的にお中元の時期が
7月初旬から715日までに
統一されつつありますが、
古くからの風習や礼儀、作法を
重んじる家庭や、
ご年配の方に贈る場合は、
その地域に合わせた時期に
お中元を贈った方が良い
とされる場合もあります。


贈る方に喜んでもらえるよう、
臨機応変に日時を決めると
良いと思います。


各地方に伝わる
お中元の期間ですが、
全国的に年々早まっている
傾向にあります。

 

 

お中元を贈る全国的な目安です。
参考になればと思います。


◆北海道地方: 715日~815 
◆東北地方:  71日~715 (場所によって8月上旬)
◆関東地方:  71日~715 
◆東海地方:  715日~815
◆北陸地方:  715日頃に届くように贈るのが一般的。 
        (
金沢など都市部では71日~715日ですが、
         能登などでは、715日~815日の地区も
         あります。そのため、両方の時期に合うよう、
         715日頃に届ける傾向があります。) 

◆関西、近畿地方715日~815 
◆中国地方:   715日~815 
◆四国地方:   715日~815 
◆九州地方:   8月初旬~815

 

こんな感じになるのでしょうか?
前にも書いていますが、地域によって
贈る時期の違いがあります。
その地域の実情に合った時期を
考えて贈るようにしましょう。